上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.20 ゴロン。
ベッドに私が横になっていると

決まって飛び乗ってくる大和です。

で、

ゴロン(さすれーこらー)の始まり。

Image419~00
長時間さすりやがれー。

Image420~00
首のやなぁ、もうちょっと下らへん。わかるかー?

Image421.jpg
ちょっと、枕にしろー。

Image422.jpg
丁度ほっぺたの・・・・そうそう・・・・。

Image423.jpg
そうそう・・・・・・。

Image424~01
Zzzzz・・・・・・。

Image425~01


で、この寝ぞう(足よ、足)。


40分程、動けぬ私の手は微妙にしびれる。

しびれる。

・・・・・・しびれる。。。。


それでもこんなにスヤスヤと気持ちよさそうに

ゴロンしているのは久々なので、そっとこのまま。

(携帯の音で目、覚ましてしまいましたけど。ごめんよ。)






と、

順調そうに見えますが、

昨日、帰って酸素ハウスをあけると、口をあけて息をしている大和。

すぐさまゲージに入れて病院へ直行。

病院の中でも胸が苦しいんだろうと、横向いたり、座ったり、寝ころんだり。

がんばれの声しか掛けてあげれない自分がまた情けない。

そして処置室奥の治療室へ。

「容態変わるようでしたらすぐにお呼びします。」

その言葉に血の気がサーっと引いた。

ここまでなのか・・・?

待合室で待つ事数十分。

呼ばれて治療室へ行くと酸素マスクをつけた大和がゴロン。

左の肺はほぼ機能していないので、頑張って呼吸をしようとしている

右側の肺に水が集中。

90ml。

少し黄色かかった水だった。


胸水の溜まる期間が早くなっている、と。

左肺からの出血は止まってきているけれど、それ以上に侵攻する病気。


処置室に戻ると獣医さんが出してくれたロイカナのご飯を

一皿モシャモシャごくり。

水、ペロペロ、ごっくん。


どんだけ・・・・・。


一日、しんどくてろくに食べれなかったんだろうなぁと。

インターフェロンをうってもらい家に帰ると

落ち着いた身体でベッドの上でコテン。





上のような写真に至った訳です。




願わくば、

ずっと上のような写真を撮れることを。



大和、一週間クリアやよ。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamato620.blog28.fc2.com/tb.php/10-00129119
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。